40代サラリーマンのBusiness Reminder

ビジネスマンの, ビジネスマンによる, ビジネスマンのための備忘ブックレビューが中心

教養本

「東大に入る子」の作り方 和田秀樹 感想

和田秀樹「東大に入る子」の作り方を読んでみた 和田秀樹 昔よく目にしていたこの名前。何だったかなと思って改めて考えていたのだが、「受験は要領」という受験ベストセラー本の著者の名前だった。東大医学部を出た精神科医で現在もご健在の様子。 東大を目…

読書という荒野 見城徹 感想

読書という荒野 見城徹を読んでみた 新聞広告で見て、ちょっと気になってAmazonを見たところ、評価は分かれていてちょっと躊躇ったのだけど、やはり見城さんの言説は刺激的で面白いので、今回も手にとってしまった。 見城さんが今までどんな本を読んできたの…

圧倒的!リベラリズム宣言で日本のリベラルの現状について考えた

圧倒的!リベラリズム宣言 五月書房新社 感想 Twitterでよくちょっと過激な安倍政権批判のつぶやきを拝見している法政大学の山口教授の名前があったこともあり、手にとってみた同書「圧倒的!リベラリズム宣言」は非常に興味深く読めた(著者は山口二郎 外岡…

勝負論 感想

勝負論 竹中平蔵を読んでみた。 書店でたまたま本書を見つけて思わず手に取ってしまった。 著書の竹中平蔵氏は言わずと知れた大経済学者。その竹中先生が勝負ということについて何を考えているのか興味深く読めた。 勝負の時に大切なこととして竹中先生が指…

情報の洪水に溺れない極意 情報は集めるな!指南役著 を読む

情報は集めるな! 感想 先日書店で手に取った一冊「情報の洪水に溺れない極意 情報は集めるな!指南役著」を読んでみた。指南役ってなんだ?!と思ったけど、「透明人間の買い物」という結構有名な本とかも出しているホイチョイ・プロダクションズなどとも関…

谷川浩司 集中力 感想

谷川浩司 集中力を読んでみた 以前羽生さんの「決断力」という本を読んだり、プロフェッショナル仕事の流儀の羽生さんの回の放送を見たりして、プロ棋士の頭の使い方に非常に感銘を受けたこともあり、「決断力」と同じシリーズである谷川浩司さんの「集中力…

決断できない日本 ケビン・メア 感想

決断できない日本 ケビン・メアを読んでみた 夏休みで沖縄に行ったこともあり、この本、決断できない日本 ケビン・メア著を読んでみた。 著者のケビン・メア氏は国務省の外交官で日本担当を約30年勤め、最後は日本部長という要職にあったが、メディア(共同…

天才 石原慎太郎著 感想

天才 石原慎太郎 を読んでみた 少々前に売れ筋の本として話題になっていたこの本、天才 石原慎太郎著 幻冬舎刊を読んでみた。 天才とはあの田中角栄を指した言葉。 この本は著者の石原慎太郎が、田中角栄になり代わって1人称で田中角栄の生まれてから死ぬま…

本を選ぶ方法、何か実践していることはありますか?

本を意識的に選んで読まれていますか? みなさんどうなんでしょう。 今日は早く仕事を終わらせ、たまに行く五反田のブックオフにふらっと立ち寄ってきました。 一時間半ほどいましたが、とうとう読みたい本にいきあたりませんでした。 きびしいー。 やはり、…

知的生産を効率的にするための読書術を教えてくれる本 王様の速読術 斉藤英治著を読んでみた

王様の速読術を読んだ 先日書評を書いた齋藤 孝さんの「使える読書」の中に、 使える読書 (朝日新書) posted with ヨメレバ 齋藤 孝 朝日新聞社 2006-10 Amazon Kindle (自分の本の中で言うのもなんだけど、)私は一冊の本の中身をすべて 精読することはあ…

楽して成功できる非常識な勉強法 アスコム 川島和正 感想

楽して成功できる非常識な勉強法を読んでみた 本が好き!で献本いただいた本、 楽して成功できる非常識な勉強法 アスコム 川島和正著を読ませていただきました。 楽して成功できる 非常識な勉強法 posted with ヨメレバ 川島 和正 アスコム 2008-08-19 Amazo…

辰濃 和男 文章の書き方 (岩波新書)を読む

文章の書き方 辰濃 和男を読んでみた ちょっと前になりますが、辰濃 和男さんという方の 『文章の書き方』という本を 読了しました。 この本は、私のような文章コンプレックスを持つ者にピッタリの本。いつも 読んでいるがんばれ社長!というメルマガで進め…

頭がいい人、悪い人の<口ぐせ>樋口裕一さんのベストセラー本を通読

頭がいい人、悪い人の<口ぐせ> 感想 今年で営業の現場に身を投じて7年目になるのだが、 まだまだ技術的にも・本質的にも”営業トーク”には改善の余地があると考えている。 今年は是非、一段上の力をつけたい。 あまりにもお客さんに売りつけたり・あるいは…

ワルに学ぶ黒すぎる交渉術を読んだ

本日は多田 文明さんが執筆された、「ワルに学ぶ黒すぎる交渉術 」をご紹介いたします。黒い表紙で「ワル」加減が満載の書籍です。 まずは下記を読んでみて下さい。 ・なぜ、オレオレ詐欺のトークは「聞く7:話す3」なのか? → 説得するときに7割は傾聴する…

ミッションリーダーシップ 組織を動かす無敵のチカラ 感想

ミッションリーダーシップ 組織を動かす無敵のチカラを読んでみた 本日は岩本仁さん執筆の「ミッションリーダーシップ 組織を動かす無敵のチカラ」をご紹介いたします。 まずそもそもleader(リーダー)という言葉ですが、Wikipediaによれば、「先頭となるも…

本は10冊同時に読め! 成毛眞著 感想

本は10冊同時に読め! 成毛眞著を読んでみた しばらくビジネス書評は別ブログに書いてきたのですが、 今日はこちらで取り上げさせてもらいます。 今日は前々からwish listに入れておいた本、 本は10冊同時に読め! 成毛眞著 知的生き方文庫 を読んでみました…

虚構~堀江と私とライブドア 宮内亮治著を読む

ライブドア事件前、同社のNo2だった宮内さんの本、 虚構~堀江と私とライブドアを読んでみました。 虚構―堀江と私とライブドア/宮内 亮治 ¥1,575 Amazon.co.jp 事件のけじめとして書いた本だとのことですが、 当事者の口からライブドア事件とは何だったのか…

正しい写真の取り方知ってますか? スナップ写真のルールとマナー 日本写真家協会編を読む

スナップ写真のルールとマナー感想 私事で恐縮ですが、このたびやっとデジカメを使える環境になりました。 (嫁からLUMIXを貸してもらえることになりました。) ということで、今までカシオ製の携帯電話で、撮っていたブログに 載せる写真をパワーアップできる…

「超」整理法 野口 悠紀雄 まとめ

<h1>「超」整理法 野口 悠紀雄 まとめ</h1> オフィスの引越しの際に、埋もれていた表題の本を発見し、久しぶりに読み直しました。 皆さんご存じの人気本ですが、今読んでもそれなりに興味深い本です。 整理法の第一の柱として、著者は書類の整理について、分類するの…

ドラッカー・スクールで学んだ本当のマネジメント 藤田勝利著 感想

ドラッカー・スクールで学んだ本当のマネジメント 藤田勝利を読んでみた 先日のプロフェッショナルマネージャー わが実績の経営に続いて、マネジメント系の本を手に取ってみた。会計だとか戦略論だとか、個別論に落ちる前に学ぶべき全体を効率的につかみたい…

スティーブ・ジョブズの言葉-愛について、仕事について、インスピレーションについて、そして死について 感想

本日は「スティーブ・ジョブズの言葉–愛について、仕事について、インスピレーションについて、そして死について」をご紹介いたします。こちらの書籍はコンビニのローソンで購入いたしました。たまたまお弁当を買いに行き 、本棚で目に付きまして急遽購入し…

ビジョナリー・カンパニーを読む 時代に耐えて生き残る企業の秘密が分かる本

本日は世界中で読み継がれている「ビジョナリー・カンパニー(Visionary Company)」をご紹介いたします。この「ビジョナリー・カンパニー」は、マッキンゼー出身のジェームズ・C・コリンズと、GE出身のスタンフォード大学教授ジェリー・I・ポラスにより…

鋼のメンタル 百田尚樹著を読んでみた

永遠の0、海賊と呼ばれた男など、立て続けにヒットを飛ばしながらも、問題発言で物議を醸すなど、非常に目立っている百田尚樹さんの鋼のメンタルという本を読んでみた。 いかにメンタルタフネスを手に入れるか、百田さんの売れない放送作家時代のエピソード…

誰と会っても会話に困らない 雑談力サクッとノート 感想

本日は櫻井 弘さんが執筆された「誰と会っても会話に困らない 雑談力サクッとノート」をご紹介いたします。 この書籍は、序章、第1〜5章、コラム5本のボリュームとなる、ビジネスパーソン向けのマニュアル本です。営業マンから新入社員、中堅社員、そして部…

稲盛和夫「考え方」感想

稲盛和夫「考え方」を読んでみた 本日は稲盛和夫著「考え方」をご紹介いたします。稲盛さんは、京セラを設立後に、第二電電(現KDDI)を設立し、日本航空会長にも就任された、日本を代表する優秀な経営者です。 この書籍は、営業手法やマーケティング手法を…

情報を活かす力(池上 彰)を読んだ

情報を活かす力(池上 彰)を読んだ 今まであまり手にとってこなかったのだが、思い立って池上彰さんの情報を活かす力という本を読んでみた。 いつも読んでいる佐藤優なり、ホリエモンなりの次に誰をフォローしてゆくかを考えた時に、候補として上がったのが世…

ぶたばあちゃんを読んで

本が好き!で献本してもらったぶたばあちゃんマーガレット・ワイルド文/ロン・ブルックス絵/今村 葦子訳/あすなろ書房を読んで。 本書ぶたばあちゃんは二人で仲良く暮らしていたぶたのおばあさんと孫娘が、おばあさんの死をいかに迎えたか、それについて描か…