40代サラリーマンのBusiness Reminder

ビジネスマンの, ビジネスマンによる, ビジネスマンのための備忘ブックレビューが中心

督促OL 修行日記 感想

督促OL 修行日記を読んでみた。

榎本 まみさんの督促OL 修行日記という本を読んでみた。

督促OL 修行日記 (文春文庫)

督促OL 修行日記 (文春文庫)

  • 作者:榎本 まみ
  • 出版社:文藝春秋
  • 発売日: 2015-03-10

きっかけは作家の佐藤優さんの本で紹介されていて、本屋でたまたま見かけたこと。

内容は、大卒新卒でカード会社のキャッシング督促担当になった“督促OL”の成長ストーリーだ。

”督促OL“というと分かりにくいが、具体的にはカードの入金がなされなかった時に、電話でお金を回収する、というコールセンターでのお仕事(男の人がほとんどの職場だとのこと。)。

当然のこと、カード利用者からは嫌がられる対象であり(お客さんからボケとかカス、とボロ糞言われるのが日常茶飯事だという。)、その業務も朝から晩までお金の回収に明け暮れる、非常にストレスフルでシビアなものであるらしい。

榎本さんは、そんな今風に言えばブラックとも言えるような職場で、どんどん人が辞めていくような環境の中で、身も心もボロボロになりながらも、色んなコミュニケーションスキルを身につけ、その道のプロとして成長し、今ではその仕事に愛着までも持っている様子(ブログにも、”世の中に「督促」という言葉が広まればいいなぁと活動中。”とあった。)。

いかにして自分の弱さと向き合い、弱い状態を克服してゆくか、どうやってお客さんと向き合い、お金を入金してもらうのか、そのやり取りや葛藤、そこにある人間考察。

極限近い場に身を置いていたからこそ書ける内容で、非常に面白かった(ある意味佐藤優さんの獄中記を読むのと同じような刺激が貰えるのかもしれない。)。

そういえば佐藤優さんの本に組織は怠惰な人を鍛えるという趣旨の話が出ていたと思ったが、こういった企業でも、鍛えられるところはあるのだろうな・・・

お金を入金してもらうにあたってのお客さんとのやりとりの方法、電話の掛け方など、経験に裏打ちされたノウハウ・考え方が出てくるので、若手の方は一度読んでおいて損はないと思う。仕事をするとは?ということも考えさせられるなかなか良い本だった。

(補足)アマゾンの感想も読むと他の人の体験談なんかも沢山出ていて、参考になります。

参考リンク1(外部):督促(トクソク)OLの回収4コマブログ

参考リンク2(外部):債権回収OLのトホホな日常

佐藤優さんのこちらの本も是非。 組織の掟 佐藤優 感想

FacebookページとTwitterのフォローお願いします!】