40代サラリーマンのBusiness Reminder

ビジネスマンの, ビジネスマンによる, ビジネスマンのための備忘ブックレビューが中心

第3回大手町ビジネススクール「講演:MITエグゼクティブMBAで見たもの」に参加してきました。

金曜日の仕事帰り、大手町ビジネスイノベーションインスティテュート(OBII) が本年度、

gooニュースのボクナと連動して開いている大手町ビジネススクールに参加してきました。

 

今回は3回目。1回目・2回目とは少々異なる形式で、某大手広告代理店の方で、今年の5月ぐらいまで、

MITスローンMBAに留学されていた方による「ミドルキャリアがMITスローンMBAで見たもの 」というプレゼンテーションを講義形式で拝聴する、といったものでした。

 

講師の方が、某大手広告代理店の方であること、MITのエグゼクティブMBAの体験談、

等々の要素が響きまして興味深く聞かせていただきました。

 

内容を簡単に書きだしますと、

 

・講師の方の経歴

東大で宇宙物理・生物物理を専攻

広告代理店で、セールスプロモーションや統合型マーケティング、業種担当等を歴任

東大で博士取得

MITのスローンに留学

現在広告会社に復帰

 

・何故広告会社?

入社動機は、広告に科学的な視点を導入すること

 

バブル期は報われなかったが、次第に広告効果が問われる時代になるにつれて、日の目をみるようになった

ブランド価値定量化や認知モデル開発、テキストマイニングなどをR&Dということで担当

 

・なぜ40歳を目前にMITを受験したか?

どうやって社内を動かすか?といった部分で、課題を感じていたことも一つのきっかけ

・なぜMITだったか?

1年間で終わるコースがあるため、技術に強いため

 

・準備から渡米まで

会社からの補助はなく、あくまでも自費だった

 

・MITの特色とは?

ボストン:日本でいうところの京都 ベンチャーキャピタル発祥の地

日本人が多い

”東のシリコンバレー”と呼ばれている

メディアラボなどが有名

多数のノーベル賞受賞者を誇る

 

・MITスローンスクールの特色・魅力

GMのスローンさんが創設

目指す方向:ハンズオン型リーダーの育成

著名教授から直接学ぶこともできる

柔軟なキャリキュラム

少数精鋭(1学年300人ぐらい)

 

IAP(Indipendent Activities Periods)・・・冬に1か月自由に様々な活動に従事できる、というユニークな制度あり

 

1年制と2年制あり

 

2年制 ・MBA

・LFM(Leaders for manufacturing)

1年制(Executive向けMBA)

・Sloan Fellow

 

・講師の方が参加された1年制コースの特色

カリキュラム内にビジネストリップというものがある。

様々な国から多様な人々が参加(90人の内、北米1/3 アジア1/3 その他1/3)

(MITに来るまでの)平均勤務年数は14年

 

女性比率は20%前後

 

・実際1年制コースを受講してみて

昨年の6月からプログラムスタート

英語漬けで、数時間立つとすぐにぐったり。

4人1組のチームを作って活動(スタディ・グループ)

チームミーティングやケースリーディングを行う

授業は、最初の内は、8:00から6:00までと非常に長丁場

→「消防ホースから水を飲ませる経験」というぐらい最初はハード

 

英語はスポーツと似ており、慣れるとながせるようになる

 

アメリカ人が英語で苦労する場面も(クラスでは30%とマイノリティに

なってしまうため)

 

語学の違いはあっても、思考能力ではそれほど大きな差はない。

 

スタディグループではほぼ村八分状態に陥るなど、

辛酸を舐めることもあったとのこと。

(※ちなみに主に金融工学を中心に学ばれていたとのこと。卒業論文の

あらましなども、見せて頂きました。)

・MITスローンで得たもの

自分の役割の認識 スペシャリスト→マネジメントへ

戦略やマーケティングの大切さ

エクスぺリメンテーション(実証実験)の大切さ

グローバルな視野

 

こんな感じでした。

 

この後質疑応答でも活発な意見が出ました。

 

例えば、「1200万円出して留学する価値はあったか?」という質問に関しては、

「なんとも言えないが、留学を経験したことで、アドレナリンの活動が以前よりも活発になった(活動的な人生を遅れるようになった、というぐらいの意味?!)」など、その分の価値があったのでは?という見方を示されていました。

その他、「今後やりたいことは明確になったか?」という質問に対しては、今回の留学で視野が広がり、やりたいことも大きくなった(マネジメントやグローバルな視座での活動)、と答えられていました。

 

今回の講義では、MITの1年制コースについて、

実際卒業されたからいろいろお話を聞くことができ、有用でした。

 

私の兄も今、アメリカにMBA留学している のですが(あまり上位校ではないのですが、、、)、

やはり、異国で自分を見つめ直す経験ににもなるし、自分のモチベーションを挙げていくという意味でも

エキサイティングな毎日を送ることが出来ているようです(あれほど嫌いだった本を読むように

なったとのこと。母が兄が変わったと感心していますw)。

 

40歳という年齢から、果敢にMBAに挑戦された講師の心粋にもうたれるものがありました。。。

自分が40歳になって、そのような挑戦の出来る人物になれているのかどうか・・・

今の自分にとっては、MBAはそんな近い存在ではないのですが、可能性の目をつぶすことなく、

一つの道としては考えておきたいなーと思いました。MBAが全てではないでしょうが、MBAで得れるものも

ありそうですもんね。

今回はこの辺で。

2008年8月5日