40代サラリーマンのBusiness Reminder

ビジネスマンの, ビジネスマンによる, ビジネスマンのための備忘ブックレビューが中心

AMNブログイベントvol.2「ブログとマーケティング」に参加してきました。

今日は仕事帰り、AMNブログイベントvol.2「ブログとマーケティング」に参加してきました。

 

場所は、赤坂にある、赤坂ガーデンシティというビルの中、PR会社ベクトルさんの”ブロガーラウンジ”というところでした。

 

青山一丁目駅からこのビルに向かったのですが、その道すがら赤坂付近の開発の様子を

 

目の当たりにして、夏の夕方のもやっぽい気候も影響したのでしょうか、22世紀の都心に

 

来たような夢見心地のような感じがしてました。

 

ビルに入ってエレベーターで”ブロガーラウンジ”なる部屋に通されたのですが、

 

そこはバーの一室のようなしっとりとした感じで、すごくしゃれていて、ちょっとしてから

 

シャッターが開いてその景色が見えるようになったのですが、夜景もすごく良かったです。

 

さて、今回のイベントですが、1部がパネルディスカッション、2部が数人で

 

マイクロソフトWindows Serverのマーケティング手法を考えるワークショップの

 

2つで構成されていました。1・2部を通じてモデレーターはAMNの徳力さんでした。

 

まず、パネルディスカッションですが、コメンテーターはPolar Bear Blog というブログで有名な小林さん

 

という方と、マイクロソフト(今回の協賛企業)の方で、Cafe Bar 長角牛牧場 というブログを書かれている森屋さんという方でした。

 

まずは、お二人の自己紹介から始まり、企業人として(もしくは企業人ということを表に出しながら、

 

)ブログを書くことについて、いろんな観点からの話がなされました。

 

マイクロソフトでは、日本でも100に若干届かないぐらいは、企業内ブログを書いている方

 

がいて、自発的にルールを作ったりして運用している、といったことが紹介されていました。

 

私は企業内ブログを書いているわけではないのですが、企業内ブログみたいなものの

 

力を認識するいい機会になりました。

 

所属している会社でも、他部署の人はPR的にブログを書いていたりするのですが、

 

私が所属している営業部のようなところでもうまくやれば、面白いことができるのかも知れないな、、

 

などと考えました。これは、今後のテーマとしてやり方を考えてみたいと思いました。

 

この他第1部で参考になったのは、今回の協賛企業でもあるマイクロソフトという会社の企業風土の

 

話。”担当者が責任と権限を持ってプロジェクトを遂行する”というのがその風土とのことですが、

 

こういう企業って純粋な日本企業には少ないんだろうな・・・と思いました。そもそも批判が起こるような

 

プロダクトは世の中に出さない、というようなことをおっしゃっていましたが、そういう企業でなければ、

 

ブログの有効利用は難しいのではないかと思います。

 

総じて、

なかなか実態が見えにくいマイクロソフという会社についての理解が深まり、良かったと思います。

 

あと、付け足せば、森屋さんが語っていた、キャンペーン成功の条件の話が、参考になりました。

 

IT技術者に向けたプロモーションのいくつかの体験談の中で、キャンペーンの成功のカギは

 

腹をくくれるかどうか”である、というお話でしたが、私は自分でキャンペーン等を

 

作って行く立場であるので、とても大事なことだと考えました(森屋さんの話も面白かったです。)。

 

2部目は、4~6人程度のグループに分かれて、新しく出たWindows Server 2008を

 

いかにコミュニケーションの力を使ってお客様に伝えるか、というものでした。

 

正直営業マンなんかをしていると、Serverというと若干普段の生活から離れているために

 

疎遠になりがちで、「とっつきにくいなー」と思ったのが本音ですが、同じチームの人と

 

話している内に段々とWindows Serverについての理解が進んでいきました。

 

その中で我々のチームでは、Docomo2.0という今のドコモの宣伝や、マイクロソフト

 

OSとしてWindows○○(3.1等)があったことに引っ掛けて、「2.0」を機軸としたマーケティング

 

キャンペーンをやってはどうか、という提案をさせていただきました。

 

Windows 2.0等を使っていた方々って、今では企業の技術部門で、部長等をやっている方も

 

多いのではないか?といった思惑も背景としてありました。

 

また、Docomo2.0があれだけ叩かれながらも十分に認知のアップ等に

つながっているというようなどなたかからのブログのエントリーで目にしたため、

 

といったこともありました(私がコンセプトメイクをさせていただいた感じです・・・)。

 

プレゼン自体は、同じチームだった煩悩是道場さんやチミンモラスイ?さん にうまくやっていただけたのですが、結果的には、優秀賞みたいなものは取れませんでした。

 

あくまでも私のコンセプトメイクの失敗ですね。、、、汗

 

第1部で大分時間が押したようで、予定をかなりオーバーしましたが、

 

こんな感じで大盛況のうちに会が終了しました。

 

今回も脳みそをかき混ぜるような、刺激のあるいい経験でした。

 

(追記)それにしても、会に参加されていたブロガーの皆さんの当イベントについての

エントリーを拝見していると皆さん非常に表現豊かに書いていらっしゃって、

さすがという感じですね。私も少しでも追いつけるように頑張りたい、と思いました。

 

物事の捉え方のセンスとそれを表現するセンスを磨きたいですね。

FacebookページとTwitterのフォローお願いします!】

2007年6月29日