40代サラリーマンのBusiness Reminder

ビジネスマンの, ビジネスマンによる, ビジネスマンのための備忘ブックレビューが中心

平凡な大学生のボクがネット株で3億円稼いだ秘術教えます! 感想

平凡な大学生のボクがネット株で3億円稼いだ秘術教えます!を読んでみた。

10年以上前の本ではあるが、古本屋さん等でもよく見かける同書。

当時だいぶ売れたのだと思う。扶桑社の週刊SPA!を担当しているライターが書いているだけあって読みやすいというのもあるのかもしれない。

内容としては、普通の大学生(三村雄太さん)が、デイトレードで70万円の元金から3億円稼いだ方法について明らかにするというもの。

著者の投資姿勢としては「高値掴み高値放し」で、ある株をストップ高付近で買い、一晩持ち越し、翌日の取引始まり早々の段階で勢いのあるうちに売るという取引手法であるとのこと。

本書で最も参考になったのは、第5章の三村式デイトレ実況中継の部分。

1日の取引状況が時系列で書かれていて、2台のパソコンを駆使し、次々とマークしている企業のチャートを閲覧しながら、取引タイミングをはかる短期トレードの醍醐味が手に汗握る感じでよく伝わってきた。

本文でも書かれているが、個別銘柄の会社の内容や業績などはあまり把握せず、ネット上のデータやニュースから、まるでゲームのように売買をしている様子で、そこには一定のコツのようなものがあるようで(個人的には多少の危うさを感じてしまうのも事実だが。)、それはテクニカル分析などよりも実践経験が必要であるとのこと。

この他著者の投資方法で参考になったのは、以下のような内容。

・値動きの激しい株に目をつける(相場の勢いについていくことが大切)

・株価上昇率、夜間取引高、Yahoo!ファイナンスの銘柄別投稿数などのランキングを逐次チェックし、マークする会社にあたりをつける

・値動きが似ている「連動銘柄」に注目することで売買のタイミングをつかみやすくなる

・仕手筋や大口投資家などの「大きな資金」についていく

損切りが非常に重要

この本が出された後、三村さんの実在が疑われてれて訴訟問題にまでなった様だが、本当に実在するかどうかはさておき、なかなか面白い内容だった。投資を始めるにあたって、こういう世界もあるのだということが分かったことは有益だった。

逐次読み返したい一冊となった。

FacebookページとTwitterのフォローお願いします!】

2005年4月24日