40代サラリーマンのBusiness Reminder

ビジネスマンの, ビジネスマンによる, ビジネスマンのための備忘ブックレビューが中心

20代で始める「夢設計図」 熊谷 正寿 感想

20代で始める「夢設計図」を読んでみた

今週は、結構時間はかかりはしましたが、GMOの熊谷社長さんが書いた以下の本を読みました。

熊谷 正寿
20代で始める「夢設計図」-必ず“スピード成功”する5つの原則

 

この社長さんの本は、「一冊の手帳で夢は必ずかなう」に続いて2冊目ですが、今回の本は一冊の手帳で、、、の本の内容を復習するのにちょうどいい内容でした。

 

社長さんにお会いしたことがないので、詳細は分かりませんが、2冊の本から、本当に日々努力を欠かしていいないことが、ダイレクトに伝わってきて、さすが、、、とRespectものです。

 

本の内容としては、”やりたいことリスト””未来年表”等により、夢設計図を作り、それに沿って行動する、一連の流れを紹介する部分が主のコンテンツです。

 

毎回のことですが、特に感心したのは、手帳等を使いながら、ロジカルに夢を実現するよう努力する、その方法論です。

 

夢というと、ともすると漠然としたもの、という感じがありますが、筆者がすすめるやり方を取れば、それがだんだんと具体化してくる、具体化してくれば、その実現可能性も高くなる、この流れに非常に説得力を感じました。

 

私は、キリスト教徒ではないのですが、聖書に「求めよ!さらば汝に与えられん」というようなことわざがあると聞きました。まずは、夢を実現するには、、まず強く夢を思うことが大切である、という部分は重なっていると思います。

 

この他、熊谷社長から、20代の私達に向けての応援メッセージのような部分も、仕事の仕方等をかえりみる上で参考になりました(例えば、本は未知の世界を数時間で体験できる、だとか新聞にはすべての情報がある、とかいったことや、仕事をしていく上の心の持ち方等が書いてありました。)。

 

さてさて、とてもいい本なのですが、もちろん読むだけでは駄目で、実践することが必要だと思います。早速一冊目を読んだときにメモしたこと等を取り出して、夢設計図を作りなおしてみたいと思います。

FacebookページとTwitterのフォローお願いします!】

2006年3月3日