40代サラリーマンのBusiness Reminder

ビジネスマンの, ビジネスマンによる, ビジネスマンのための備忘ブックレビューが中心

生涯投資家 村上世彰 感想

f:id:biz_rim:20180401194521j:plain

 生涯投資家 村上世彰を読んでみた

 

以前から手に入れたいと狙っていた、村上世彰さんの著書生涯投資家をやっとこさ手に入れて、読んでみた。

 

著者は言わずと知れたことが、ライブドア事件前後に世の中を賑わした投資界隈の大物。通産省での勤務経験を経て、自ら投資のプレイヤーとなって世の中を変えたいと志して村上ファンドを立ち上げたとのことだ。



本書はその村上さんがその投資人生を語ったもので、投資家としての強い自負と、コーポレートガバナンスの視点を通じた日本経済の適正化に対する強い思いが伝わってくる書物だった。付け加えると、その投資哲学(メインはバリュー投資だとのこと)なども参考になった。

 

いい意味でも悪い意味でも、日本経済にインパクトを与えた人物であることに間違いなく、その人が重い口を開いた書物であることもあり、非常に面白かった。



正直、著者の主張が正しいのかどうかは、著者の言葉だけを読んで判断することはできないが、コーポレート・ガバナンスの大切さを日本の経営者に説き、アクティビストとして様々なハレーション状態を生み出して、経営にいい意味での緊張状況を生み出したという意味では非常に世の中に貢献した人なのだろうと思う。

 

個人的には、昔少し関係したようなIT系会社の名前がどんどん出てきて、興味深かった(大投資家から見て、そういったIT企業がどう見えていたのかなど。)。全然気づいていなかったのだが、あの会社の株主が村上ファンドだったんだ、、、みたいな事がよく分かった

 

あと、付け加えると生涯投資家、とはいうものの、父親のすすめに従って官僚になり、政策実行を行なったことも、投資家のキャリアに役に立ったのだろうと思う。ルールを作る側にいて、最後はそのルールに足を掬われたれてしまったのはなんとも皮肉な感じがするが、、、



大投資家の生き様、日本の会社はどうあるべきか、これからの日本はどう進むべきか、等々様々な論点が読み取れる本。買った(投資した)価値があった。