40代サラリーマンのBusiness Reminder

ビジネスマンの, ビジネスマンによる, ビジネスマンのための備忘ブックレビューが中心

40代を後悔しない50のリスト 感想

f:id:biz_rim:20180504105140j:plain

以前購入して積読状態だった大塚寿さんの著書 40代を後悔しない50のリストを手にとってみた。

 

著者の大塚さんはリクルートを経てMBAをとった後に、セミナービジネスで起業されたという方。営業関連の書籍も出されているバリバリの方だ。

 

同書はその大塚さんが、過去いろんな人からヒアリング収集した”40代で失敗したこと“をリスト化した、40代をより良く生きるにはどうすべきかを考える材料をくれる本だ。



私自身まさに対象年齢に入っているので、色々考えさせられる内容だった。



冒頭の部分で、40代は組織の中で20代・30代とは異なった役割が付与されるため、20代・30代とは異なった働き方をとらなければならない、という指摘があり、40代って?を考えるきっかけを貰えた感じがした。

 

 03.「二元論」で考えなければよかった

→単純に白黒で考えるのではなく、其の間のグレーゾーンこそ豊かな人生の鍵であるという指摘については首肯できる部分が大きかった。

 

13.「どこまで目指すか」を考えるべきだった 

→40代が人生の方向性を具体的に設計するラストチャンスであるという指摘が心に響いた。

 

37.もっと「仕事に役立つ本」を読めばよかった

→読んだ内容を活かせるような読書をするためには「ばっかり読み」(何か関心を持ったテーマがあれば、手当たりしだいに類似書を買い求め、10冊ぐらいまとめて読む方法)がお勧めで、その方法をとることでテーマのエッセンスをつかんで確実に習得することができる、とあり参考になった。

 

これ以外も本をどう読むかの部分は成功者の読書法とは?ということで参考になったし、実践してみたいと思った。

 

45.「上司の能力」を積算しておくべきだった

→「上司がものを決めるときに何を基準にするか、何を大切にするか、その優先順位を押さえて」おくという部分は何かの本で読んだ、上司をマーケティングする、という話と似たような内容だが、改めてその重要性を思わされた。

 

40代をどう生きるかを考えるために、質の高い人生を送るために、先日紹介したエッセンシャル思考などと一緒に手元に置き折に触れて読み直したい一冊。

(目次)

・第1章 この10年で何より大切にしたいこと

・第2章 プレイングマネジャーとして本当に必要なこと

・第3章 忙しいだけで終わらないために工夫すること

・第4章 人生を左右する「人付き合い」で知っておくべきこと

・第5章 年相応に学ぶべきこと ・第6章 会社・社会との向き合い続けるために考えておくこと

 

続けてこちらも是非:

www.hon-mode.com

 

Photo by Jake Ingle on Unsplash