40代サラリーマンのBusiness Reminder

ビジネスマンの, ビジネスマンによる, ビジネスマンのための備忘ブックレビューが中心

リクルート、進化を止めないIT現場力 感想

f:id:biz_rim:20180628212144j:plain

リクルート、進化を止めないIT現場力(副題はシステム開発のリアル)を読んでみた。

 

リアルの雑誌ビジネスモデルの企業があれよあれよとテクノロジー企業に。なぜ、変貌できたのか、本書はその秘密をリクルートテクノロジーズのCTO米谷修氏が語っている本。躍進の秘密を垣間見ることができる本だと言えそう。

 

エッセンスとしては、ベンダーに丸投げせず、当事者意識を持って開発の詳細を把握することが大切、組織間の軋轢は一見遠回りに見えても、しっかりと話合いの時間を取ることが大切、そんなメッセージが中心だと思った。

 

まずは常識を疑ってみることから始めることの大切さを思わされた。

P17

振り返ってみればこれが、オープンなテクノロジーを用いて自分たちが望むシステムやサービスを自分自身の手で構築するという、今となってはリクルートが当たり前のように行っている取り組みの幕開けでした。 

P36

自ら手を動かし、そして各論を押さえよー。その重要性は、仕事に対する私の考えや行動原理に大きな影響を与えましたし、リクルートテクノロジーズにおけるネットサービスの開発や運用の中に今でも生き続けています。 

さらーっと読めてしまうけど、今のリクルートのIT部分ってどんな感じなのか雰囲気は掴める。こういう文化をどうしたら作れるのか?現職で課題になっている部分でもあり、考えるきっかけを与えてくれたと思う。

 

個人的にはリクルートには色んな意味でとことん縁が無いのだが、学ぶべき文化を持っており、今後も注目してゆきたい企業なのは確か。また、仕事上でも(一応ITの企画担当をやっている)リクルートの開発文化は参考にしてゆきたい。たまに読み返してみたいと思う。

 

外部参考リンク:経理部門からテクノロジーの長へ。リクルートテクノロジーズCTO米谷修の逃げない生き方【連載:BizHack】

→@Typeより。こちらの記事もなかなか面白かったです。

Photo by Charles Deluvio 🇵🇭🇨🇦 on Unsplash