40代サラリーマンのBusiness Reminder

ビジネスマンの, ビジネスマンによる, ビジネスマンのための備忘ブックレビューが中心

同時通訳者の頭の中 関谷英里子 感想

f:id:biz_rim:20180714191134j:plain

同時通訳者の頭の中という興味深いタイトルの本を読んでみた。

英語の勉強、なんとか継続できています。週一の英会話のレッスンも、そんなに期待はしていなかったものの、英語の勉強の動機付けと「なんとか会話をする」練習にはなっているのではと思っております。

 

当面は初歩的な英会話の教材のCDを聞いて基本を反復しつつ、ビジネス英語に特化した教材もいくつか加えて、英文を覚えるつもりでやっていこうと思ってます。



さて、今日はそんな中で手に取った同時通訳者の頭の中という本のご紹介。著者は、このブログでも何回か紹介したカリスマ同時通訳者の関谷英里子さん。

 

この本はその関谷さんが同時通訳の仕事をしていくにあたって、どんなことを行なっているのか、タイトルそのままその頭の中がのぞけるというものです。

 

英語を日本語に、日本語を英語に、聴いている人に分かりやすく伝えるにはどんな要素が必要なのか、英語学習で参考になる要素がいっぱいでした。通訳担当経験のあるフェイスブックのザッカーバーグやダライ・ラマについてのエピソードなどの小ネタも面白かったです。



関谷さんによると、同時通訳者に求められるのは「イメージ力」と「レスポンス力」なのだそうです。

 

イメージ力」は

言葉をとらえて、それを瞬時に映像で把握し、別の言語でアウトプットするために必要な力

 

レスポンス力」は

相手の言ったことに瞬時に反応して、言葉を発していく反応力

 

だとのこと。著者はこのふたつの力をつけていけば、今のあなたの英語力は飛躍的に伸ばせ、学習法もガラリと変わる、と述べています。

 

この本ではそれぞれの力をどうつけるか具体的に語られています。

 

個人的には特に後者の力が弱いと認識しているので(人によっては英会話って筋肉のようなものだという人もいますが、まさに筋肉が付いていない状態)、著者の様々な方法論が参考になりました。それは例えば、以下のようなものです。

 

・文法を理解する

 →構造をりかいしておくと素早く反応できる

 

・語彙力をつける

→例えば単語帳はエクセルで作り、例文も載せる

→仕事の現場で印象に残った自分だけの単語帳を作る

 

・シャドーイングを行う

 

・ビジネスマンは1,000以上の数字をスラスラ言えるようにする

 

・英会話レッスンはビギナーはマンツーマン、上級者はグループレッスン

 

・想定会話をビジネスの現場でも用意しておく



◾︎この本で出てきた英語表現

 

・commit  本質として、「身を投じる」というニュアンスあり

We’re commited to providing excellent customer service at FEN Corporation.

 

be committed to something =be dedicated to something

 

・IとWeの使いわけ Weを使った方がフォーマルに聞こえる

We will send the files to you this afternoon.

 

・Pleaseを使いすぎないで別の言い方を覚える

It would be great if you couldー.

It would be great if you could finish the draft by Monday morning.

 

Do  you think you could-?

Do you think you could come to the Meeting Room?

 

・クラウドに注意

cloud  雲

→cloud data management toolなどの使い方

crowd 群衆

→クラウドソーシング クラウドファンディングなどで使う場合

 

・increaseとgrow

The sales increased.

サイズや分量や程度が大きくなること

The sales grew.

時間を経過しながら大きくなること

We need to boost sales.

何かが増えたり改善したりすることを助けること

 

・stagnant

not flowing , not  active,changing, or progressing

We’re concerned that economy remains stagnant.

 

・あいさつ

初対面はNice to meet you.

2回目以降はNice to see you again.

 

・最近どう?と聞かれたら  *ビジネスシーンでの返答

How’ve you been?

 

Things are good,thanks.

いい感じですよ、おかげさまで。

 

It’s been quite hectic, but we’re doing well.

かなりバタバタしていましたが、みんなよくやってますよ。

 

It’s been quite tough,but things are picking up now.

けっこうきつかったのですが、またよくなってきています。

 

The market is still tough,but we’d see how things go.

 

・ひとこといいですか?

Can I just say something?

 

今使っている教材を反復しつつ、更にレスポンス力に磨きをかけなきゃ、と思わせてくれた一冊でした。さらっと読めるけど、英語学習の指針を示してくれました。

 

Photo by rawpixel on Unsplash