40代サラリーマンのBusiness Reminder

ビジネスマンの, ビジネスマンによる, ビジネスマンのための備忘ブックレビューが中心

テレアポリストの作り方まとめ

f:id:biz_rim:20180909184417j:plain

テレアポリストのネタはここから

 思い起こせば、駆け出しの頃は、インターネットの黎明期で、企業がそんなにホームページを持っておらず、「URLを見たらテレアポ先だと思え」というようなやんちゃな指導を上司から受けていた時期もあった。


その次の会社ではYahoo!のカテゴリーサービスから(特に新たにカテゴリに掲載されたものを中心に)リスト化して、営業をかけていたのがいい思い出だ。今はもうYahoo!カテゴリーも終了してしまったので、あれはもうできないのだけど。


そんなこんなで営業マン人生も長かったので、テレアポに従事していた期間も長い方だったと思う。


勿論、取り扱っているサービスや商品によっても違うと思うのだけど、テレアポのリスト作りについて書いてみたい。頑張っている方のお役に立てれば幸い。

 

・過去取引先から作る

まずは自社の取引先だとか、関係先から始めるのがいいだろう。案件は取ったけど、その後音沙汰無し、というような企業はないだろうか?


・新規上場会社リストから作る

新たに上場するような会社は、人手が足りなかったり、次のステージに行くために新たなことにチャレンジしたい、といった話が多いもので、「今度上場するんですね」と行った話をすると、話をしてくれる可能性が高い。


・新聞の人事欄から作る

日経新聞等の企業の人事情報の部分を利用する。新しい部署が作られたりすると、新たなチャンスが出てくるものだ。


・企業のプレスリリースまとめサイトから作る

プレスリリースを出すのは新しい取り組みを始めるから、という場合が多い。特に大手企業おプレスリリースは、比較的アポリストのネタにしやすいと思う。

    同様に決算短信から作ることを進めている本もあります(営業で1番になる人のたった1つの習慣)。


・会社四季報から作る

会社の情報が詳しく載っているので、テレアポ先を 選別するのには使えるだろう。滅多打ちするよりはお金を持っている会社に狙いをつけたいところだ。


・業界団体のホームページで加入会社一覧を探す

特定の業界を狙い撃ちするような場合にいいだろう。ある会社向けの資料を他の会社に転用できるなど、営業効率も高められるはずだ。

 

・転職サイトの求人票を見て作る

求人の出ている企業は、事業拡大などで各種ニーズが出ている可能性が高く、いいリストができやすいと言えそう。


・学校の同窓会リストから作る

もろ刃の剣だろうが、使える場合もあるだろう。

 

・セミナーリストから作る

これは多少骨が折れるだろうが、自分の得意なことで無料のセミナーを実施、リストを作る、という手法がある。この場合、物売りではなくて、先生だったり、コンサルだったり、付加価値をつけることができるので、商談につながりやすいのはご存知の通り。


リストの精度が高ければ高いほど、テレアポの負担が減るのも確か。戦略的なリスト作りにも力を入れてみて欲しいと思う。

 

こちらの記事もどうぞ

営業で使えるテレアポ本をランキングしてみた

 ・テレアポのコツをまとめてみる

 

Photo by rawpixel on Unsplash