営業本マニアックス

営業本を中心に、ビジネスマンに役立つ情報をご紹介してゆきます。

一般教養

本を遊ぶ 小飼 弾 感想

ホリエモンが作った会社、オンザエッジの技術責任者として、また書評ブロガーとしても一世を風靡した小飼 弾さんの本、本を遊ぶを読んでみた。サブタイトルは働くほど負ける時代の読書術。 全体を通じて、本を読むことで、いかに頭を鍛えて、新しい時代に通…

川上哲治 「遺言」 感想

9連覇を達成した巨人軍の監督をつとめていた川上哲治さんの著書「遺言」を読んでみました。 遺言 (文春文庫) ある新聞の読書案内の記事広告で、伊藤忠商事会長の丹羽宇一郎さんが、現楽天監督の野村さんの著書「巨人軍論」と一緒に、おすすめの本としてあげ…

下剋上受験(桜井信一 )の感想と我が娘の中学受験

// 子供の受験を考えて中学受験についての本を探す中で、たまたま目に止まったこの本、下克上受験(桜井信一)。以前阿部サダヲと深田恭子主演のテレビドラマをチラッと目にしたことはあったのだけど、こうして手にとってみると、感動的で素晴らしい本だった…

本当に儲かる株の見つけ方 感想

// アベノミクスによる株高が米中の貿易摩擦などの環境の変化もあって止まって、中国経済の変調や、ブレグジット、シリア難民問題等々で不安定な状況になっている今日この頃、2019年はどんな経済状況になるのか、これから株式投資ってどうやってゆくべきか、…

山口周 世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか 感想

山口周さんの世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのかを手に取ってみた。副題は経営におけるアートとサイエンス。 ずっとメル活で値段が安くなるのを追いかけていたのだが、全然値段が下がらず、しびれを切らして少し高い価格で買ってしまったのだが、十…

語学と気づきの心理学 丘田悟 感想

// 語学と気づきの心理学 丘田悟 を読んでみた 手に取ってみたこの本、語学と気づきの心理学 丘田悟著 セルパ出版は普段なかなか手に取る機会の無い、ユニークで面白い本だった。 著者は首都圏で普通に勤め人をやっている人の様子。年齢は50代後半に入ろう…

賢い投資術その1

投資術 // 投資って何? 世の中ではたくさんの人が資産運用、いわゆる投資をしています。 では投資とは何のためにするのでしょうか。それは資産を増やすためですよね。 そんな当たり前のことを聞くなと言われそうですが、現実問題、投資で資産が減ってしまっ…

「東大に入る子」の作り方 和田秀樹 感想

// 和田秀樹「東大に入る子」の作り方を読んでみた 和田秀樹 昔よく目にしていたこの名前。何だったかなと思って改めて考えていたのだが、「受験は要領」という受験ベストセラー本の著者の名前だった。東大医学部を出た精神科医で現在もご健在の様子。 東大…

読書という荒野 見城徹 感想

読書という荒野 見城徹を読んでみた 新聞広告で見て、ちょっと気になってAmazonを見たところ、評価は分かれていてちょっと躊躇ったのだけど、やはり見城さんの言説は刺激的で面白いので、今回も手にとってしまった。 見城さんが今までどんな本を読んできたの…

圧倒的!リベラリズム宣言で日本のリベラルの現状について考えた

圧倒的!リベラリズム宣言 五月書房新社 感想 Twitterでよくちょっと過激な安倍政権批判のつぶやきを拝見している法政大学の山口教授の名前があったこともあり、手にとってみた同書「圧倒的!リベラリズム宣言」は非常に興味深く読めた(著者は山口二郎 外岡…

私の財産告白 本多静六 感想

私の財産告白 本多静六 を読んでみた。 資産形成を考える際にぜひ読むべきとよく名著として取り上げられる本多静六さんの本、私の財産告白を読んでみた。 著者の本多静六さんは苦学して、東大の農学系の教授となり、林野系の公共政策でも力を尽くした人らし…

生涯投資家 村上世彰 感想

// 生涯投資家 村上世彰を読んでみた 以前から手に入れたいと狙っていた、村上世彰さんの著書生涯投資家をやっとこさ手に入れて、読んでみた。 著者は言わずと知れたことが、ライブドア事件前後に世の中を賑わした投資界隈の大物。通産省での勤務経験を経て…

気弱な人が成功する株式投資 感想

気弱な人が成功する株式投資 岩崎日出俊を読んでみた 著者の岩崎さんはスタンフォード経営大学院を経て、J・Pモルガンやメリルリンチ、リーマン・ブラザーズ等の投資銀行に勤務した後で経営コンサルティング会社を創業した人だとのこと。日経系のメディア等…

相場師一代 是川銀蔵 感想

相場師一代 是川銀蔵を読んでみた 主に昭和を中心に活動した投資家是川銀蔵さんの本相場師一代を読んでみた。是川銀蔵さんは株式投資の世界で最後の相場師と呼ばれる伝説の人なのだそうだ。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 若くして酢…

勝負論 感想

勝負論 竹中平蔵を読んでみた。 書店でたまたま本書を見つけて思わず手に取ってしまった。 著書の竹中平蔵氏は言わずと知れた大経済学者。その竹中先生が勝負ということについて何を考えているのか興味深く読めた。 勝負の時に大切なこととして竹中先生が指…

株式投資これだけはやってはいけない 感想

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 株式投資これだけはやってはいけないを読んでみた 金融系の書物を漁る中でAmazonでの評価も高いこともあり、同書株式投資これだけはやってはいけないを手にとってみた。 著者の東保裕之さんは山一証券で…

せめて25歳で知りたかった投資の授業 感想

せめて25歳で知りたかった投資の授業 三田紀房×ファイナンシャルアカデミー を読んでみた 有名な漫画家三田紀房さんの大人気投資漫画『インベスターZ』とタイアップして、「お金の学校」というスクールを運営するお金教育のプロが、漫画を引用しつつ、若い人…

勝ち続ける個人投資家のニュースの読み方 感想

勝ち続ける個人投資家のニュースの読み方を読んでみた。 投資の勉強の一環で、勝ち続ける個人投資家のニュースの読み方という本を読んでみた。 勝ち続ける個人投資家のニュースの読み方 posted with ヨメレバ 作者:玉川 陽介 出版社:KADOKAWA/中経出版 発売…

【賢い投資術3】お金の相対的価値と投資の重要性

お金の相対的価値と投資の重要性を考える これまで投資法についていくつかご紹介させていただきました。今回はまだ投資を始めるか悩んでいる方向けに、投資の重要性についてお話いたします。 お金の相対的価値 現在の日本は前年比2%の物価上昇率を目指して…

【賢い投資術2】発展途上国への投資

守りの投資と攻めの投資 前回は投資信託の定額積立てをご紹介しました。積立投資は守りの投資で、ひたすらにリスクを分散させて資産を守りつつ、長期間かけて確実に増やしていくものです。デメリットは時間がかかることです。 ではもう少し短い目で資産を増…

投資家がお金よりも大切にしていること 藤野英人 感想 

投資家がお金よりも大切にしていることを読んでみた 著名な投資家、ファンドマネージャー藤野英人さんが書かれた本、投資家がお金よりも大切にしていること を読んでみた。 著者は大学卒業後野村證券JP モルガンゴールドマンサックスなどを経て投資会社を独…

情報の洪水に溺れない極意 情報は集めるな!指南役著 を読む

情報は集めるな! 感想 先日書店で手に取った一冊「情報の洪水に溺れない極意 情報は集めるな!指南役著」を読んでみた。指南役ってなんだ?!と思ったけど、「透明人間の買い物」という結構有名な本とかも出しているホイチョイ・プロダクションズなどとも関…

谷川浩司 集中力 感想

谷川浩司 集中力を読んでみた 以前羽生さんの「決断力」という本を読んだり、プロフェッショナル仕事の流儀の羽生さんの回の放送を見たりして、プロ棋士の頭の使い方に非常に感銘を受けたこともあり、「決断力」と同じシリーズである谷川浩司さんの「集中力…

平凡な大学生のボクがネット株で3億円稼いだ秘術教えます! 感想

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 平凡な大学生のボクがネット株で3億円稼いだ秘術教えます!を読んでみた。 10年以上前の本ではあるが、古本屋さん等でもよく見かける同書。 当時だいぶ売れたのだと思う。扶桑社の週刊SPA!を担当してい…

放送と通信の融合について私なりにまとめてみます。

放送と通信の融合についてまとめ このブログでも過去何回か取り上げたのだが、ライブドアの影響もあり、 この頃放送と通信、テレビとパソコン、メディアと通信という話が かまびすしく各メディアで取り上げられている。 非常に興味のある話題なので、整理の…

「ブログと税金」ブロガーミーティング ~たばこ一箱1,000円を考える~に参加

仕事帰り、いつも楽しみにしているアジャイルメディア・ネットワーク(AMN)の ブロガーミーティングに参加してきました。 場所は虎ノ門の海洋船舶ビルでした。 今回のテーマは 「ブログと税金」 ~たばこ一箱1,000円を考える~ といういつもとはちょっと趣向…

100万円を7年で1億円にする株式投資 尾崎式史 感想

100万円を7年で1億円にする株式投資を読んでみた 今年はもう少し株式投資の知識を重点したいという思いから冬休みを利用して表題作を読んでみた。サブタイトルは勝ち続ける!エントリー&エグジットの見極め方。 著者はカリスマトレーダーで、『尾崎塾』とい…

天才 石原慎太郎著 感想

天才 石原慎太郎 を読んでみた 少々前に売れ筋の本として話題になっていたこの本、天才 石原慎太郎著 幻冬舎刊を読んでみた。 天才とはあの田中角栄を指した言葉。 この本は著者の石原慎太郎が、田中角栄になり代わって1人称で田中角栄の生まれてから死ぬま…

本を選ぶ方法、何か実践していることはありますか?

本を意識的に選んで読まれていますか? みなさんどうなんでしょう。 今日は早く仕事を終わらせ、たまに行く五反田のブックオフにふらっと立ち寄ってきました。 一時間半ほどいましたが、とうとう読みたい本にいきあたりませんでした。 きびしいー。 やはり、…

なぜみんなスターバックスに行きたがるのか? 感想

なぜみんなスターバックスに行きたがるのか?を読んでみた 以前参加させてもらったsmashmedia河野さんのマーケティング読書会。次回の日程と課題本も決まったらしいのですが、その課題本にはならなかったのですが、候補として挙がっていた本の一つが、これ。…