40代サラリーマンのBusiness Reminder

ビジネスマンの, ビジネスマンによる, ビジネスマンのための備忘ブックレビューが中心

株でゼロから30億円稼いだ私の投資法 遠藤 四郎著 エール出版社を読む

f:id:biz_rim:20180811003707j:plain

株でゼロから30億円稼いだ私の投資法を読んでみた

この頃仕事の関係もあり、金融についての本を読むようにしています。

今回読んだのが、

株でゼロから30億円稼いだ私の投資法」 遠藤 四郎著 エール出版社

題名を見ると、いかにもという感じでちょっと手に取るのが憚れる感じですが、株式投資入門として、まずは、成功者の書いた自叙伝のようなものをいくつか読んで、比較して、何か投資のエッセンスのようなものを学べないかと思い、一冊目ということ手にとってみました。

筆者は本当に15万円から株式投資を始めて、一時期は80億円とか、とてつもない数字まで稼いだ大投資家です(高卒で、銀行でしがないサラリーマンをやってた時代から始められたとのことです。)。

今回読みとれたコツの中で、もっとも強調されていたのが、

■所有する株式の数を増やしていくようにすること

「株式投資の原点が株数投資であり、株分けであると言っている、、、、」(p41)

(これは、例えば、ある銘柄の一株を持っていて、それが値上がりしたら、その資金を元に、

他の企業の株を二株買う、というように株数をどんどん増やしていくことを意味しています。)

■会社の状況(資産による含み益等を含めて)を把握した上で、安い時に買い、長期保有する

以上の点だったと思います。

特に、株式数を増やしていくことは、筆者が勝利をおさめてきた理由として、何回も言及がありました。

上記の他、参考になったのは、

・信用取引はやってはいけない

・低位株が狙い目 →所有期間はともかく、必ず売却できる好機が来る。

・株価が下がったり・急暴落しても、平然としてられるような状況で保有する

・投資にあたっては、会社四季報と日本経済新聞はぜひとも見ておきたい →日経新聞に出た情報は、やはり世間に対する影響力がある

以上のようなものです

とにかく株数を増やす、というのは、今まであまり意識していなかった投資手法なだけに、今後株取引等を行う場合には、留意してゆきたいと思います。

それにしても新興市場の株価下がっている昨今、安値で買う、という意味では非常にいい相場になってきている気がしますが、どうでしょうか?

筆者の言うように、まじめに企業の研究をしながら(”株式投資の成果はまさに学習に比例する”)、長期保有に向く割安銘柄を探してみるのもいいのかもしれません。

遠藤 四郎
株でゼロから30億円稼いだ私の投資法―大株主への道こそ株式投資の本道

こちらの記事もどうぞ:私の財産告白 本多静六 感想

2006年10月22日