40代サラリーマンのBusiness Reminder

ビジネスマンの, ビジネスマンによる, ビジネスマンのための備忘ブックレビューが中心

TweetReach:Twitterのアカウント・ハッシュタグ等がどのくらいの人にリーチできるか測定できるツール

TweetReachを使ってみた

フォローさせてもらっているある方がつぶやいていらっしゃったこのTweetReachというウェブツールを早速使ってみた。Twitter上で、単語・ある特定のアカウント・ハッシュタグ・URLがどのぐらいのリーチ・露出を稼げているのかが分かる、というもの。

tweetreach

私のアカウントで試してみたところ、47のTweetsで11,492リーチ、露出は28,380インプレッションだとのこと(ちなみに現在384フォロワー)。意外とあるなーというのが実感。

ただ、例えば、某竜馬好きな携帯会社の社長さんのアカウントが25,000リーチぐらい(これは実感値として少なすぎるな―やってみて分かったのは、この人の場合よくRTされているので、そのRTした人に引っ張られて少なく見えるようだ・)、ヤフースポーツのアカウント(@YahooJP_sports)が10,500リーチぐらい、有名なデジタルネイティブの人は100,634リーチと結構ばらばらなので、どのくらい信憑性があるのか?というのはあるのだが。。。

私のアカウントではあまり参考にならないのですが、右下にある[Impressions Contributed by ○○ Twitterers]というのを見ていくと、お世話になっているサービスやアカウントが分かり、参考になりそうです。

Twitter上での影響力分析等にとっても使えそうなツールですね。

FacebookページとTwitterのフォローお願いします!】

2010年7月18日