40代サラリーマンのBusiness Reminder

ビジネスマンの, ビジネスマンによる, ビジネスマンのための備忘ブックレビューが中心

Yahoo!JAPANがGoogle検索を導入、について一業界人の妄想 対Facebookに舵を切った?

今日もつぶやきレベルの記事で恐縮です。Yahoo!JAPANがGoogle検索を導入するとの報には本当に驚きました。本当に驚いたが故にいろいろ考えちゃう、妄想も広がります。

以下はあくまでも妄想ですが、今回の提携は、なんとなくYahoo!JAPANさんが、対Googleから、対Facebookに重点を切り替えたということのような気がします。

・日本でも、ソーシャルアド・ソーシャルコマースがはやってきそうであるので、大胆に先手を打ってしまいたいこと(社内に対しても気合を入れたいこと)

・あとは今展開している行動ターゲティングが精度が高まり、結構収益の柱になってきていること、そんなことがあるんじゃないか? (検索の事業上のインパクトが若干下がってきているんじゃないか?)l

Yahoo!JAPANからGoogleにいろんなデータが提供されるらしいですが、それって、Google経由でどんどんYahoo!JAPANのコンテンツが使われるということで、おそらくGoogle検索の中にソーシャルな情報などもどんどんリスティングされやすくなるということですよね。

欧米ではFacebookが、ユーザー数でグーグルを抜いたというような情報も入ってきておりますし、そんなところも意識しての戦略的な決断なんじゃないかな、と思うのです。

大胆な経営判断はさすがだなーと思うのであります。

それにしても、あれだけ利益を溜め込んでいる会社でも、自前のエンジンを持てないんだとすると、国産検索エンジンって夢のまた夢のような気がしてきますよね。。。話が飛んで恐縮ですが。。。

関連記事一覧

2010年7月28日のブックマーク

[jp]ヤフージャパンは検索エンジンと検索連動広告にグーグルのエンジンを採用。国内検索市場の勝負はピリオドか。

『今回の提携の意味するところは、検索市場も成熟し、国内の勝敗がはっきりと見えてきたということだろう。ただ、インターネットの市場は検索よりも昨今では、ソーシャルメディアに主軸が移ってきている。これらに対してはヤフージャパンもグーグルも国内ではいまだ存在感を示せていないのは事実だ。』

Google Japan Blog: Yahoo! JAPAN のより良い検索と広告サービスのために

『これに加え、ヤフー株式会社はオークション、ショッピング、知恵袋といったコンテンツを Google の日本語の検索結果に加えられるように提供します。これにより、双方のサービスは一層充実し、効果を増大させることができます。』

Yahoo!JAPAN、Googleの検索エンジンと広告配信システムを採用 正式発表 – ITmedia News

検索エンジンと検索連動広告配信システムを、米Yahoo!のものから切り替える。検索ぺージや検索サービスはYahoo!JAPANのものを残すほか、検索連動広告の販売はヤフーが行い、広告主が希望するキーワードをオークション形式で購入する「マーケットプレイス」はYahoo!JAPAN独自のサービスとして維持する。 Yahoo!JAPANのショッピングやオークションなど各サービスで日々更新されるデータをGoogleに提供し、「双方がメリットを得られるようにする」という。』

FacebookページとTwitterのフォローお願いします!】 2010年7月28日