40代サラリーマンのBusiness Reminder

ビジネスマンの, ビジネスマンによる, ビジネスマンのための備忘ブックレビューが中心

横浜水道記念館@保土ヶ谷市に行ってきた

今日はこの頃水関連の施設に興味を持っているらしい長女の要望に応えて、保土ヶ谷にある横浜水道記念館に行ってきました。(関連リンク:神奈川県水道記念館@寒川市に行ってきた。|2016年05月15日)
西谷(にしや)浄水場の隣にある施設で、横浜に近代水道ができて100年目の記念として建てられたものだそうです
以下、写真とともに振り返ります。
水道記念館の前の道路から市街を臨む。車で一気に坂を上がっただけあり、桜木町あたりの高層ビルが綺麗に見えて素晴らしかったです。なかなかいい道でした。またこの道をもう少し行くと、JリーグのYokohamaFCの練習場もありました(こんなところで練習していたのですね・・・)。そのあたりに駐車場もあり、今日はそこに車を止めました。
image-e8bf4.jpeg
水道記念館の正面入口より。手前の噴水の青が、印象的でした。
image-ae952.jpeg
1階は、横浜の水道の歴史。横浜の水道の歴史などか詳しくて展示されてて水道だけではなく横浜の近代化の歴史も知ることができたので良かったです。下は横浜の干拓の歴史。
image-d6723.jpeg
近代化の前は東京方面から水を引いていたとのこと。今は相模湖方面から引いてきているそうです。
image-7450a.jpeg
横浜の文明開化の頃でしょうか?印象的だったので、パチリ。
image-c7dd5.jpeg
横浜の水道を作ったパーマーさんの銅像。横浜だけではなく、香港や広東などの水道も作った人だとのことでした。
image-145ee.jpeg
2階は水道について理解するための各種展示。下のような動画を見ながらクイズに応えるアトラクションやミニシアターなんかもありましたが、先日の寒川の施設などに比べると、かなり真面目な展示が多い印象でした。
image-079dc.jpeg
人間の体で、水分の占める割合は?私の場合84Kg!!!の体重の中の56Kgが水分相当なのだとのこと。
image-9306a.jpeg
3階は水道関連の資料や本、展示物が多数ありました。1日ぐらい時間を取って来てみると、かなり水について詳しくなれそうですw
image-3258d.jpeg
以上が、本館的な建物ですが、そこから外に出ると、非常に大きな洗浄水槽や実際使われた機械等が多数展示されておりました。特に洗浄水槽の大きさに圧倒されました。
image-b5ecb.jpeg
また、この他にも一角に水道技術資料館という施設が。ここも横浜の水道が作られるにあたってどのような技術が使われていたのか、色々な角度からの展示がありました。
image-f5f52.jpeg
image-d5b63.jpeg
本格的な展示施設であまり遊具的なものもなかったために子供はすぐに飽きてしまったようでしたが、隣にある浄水場等と一緒に大人の社会科見学的に来るのがいいのかもしれませんね。近くにYokohamaFCの練習場やハイキングコースであったり、温浴施設なども多いので、そういったものと一緒に訪れて見るのもいいのかもしれません。また、機会を見てまた行ってみたいと思います。