40代サラリーマンのBusiness Reminder

ビジネスマンの, ビジネスマンによる, ビジネスマンのための備忘ブックレビューが中心

本物のビジネス英語力 久保マサヒデ

f:id:biz_rim:20181223234035j:plain

 

ビジネスで英語をするための鍵はコミニケーション力


著者の久保さんは京都大学を出て日本長期信用銀行に入行、ロンドン支店に赴任し、その後ドイツ系の銀行のロンドン支店で長く勤務した人だとのこと。

 

(高校時代はブラジルのアメリカンスクールで学んでいたとあるので、背景的には元々子供の頃からある程度の英語活用の機会があったのだろうと思われるが、)日本人が欧州のビジネス社会で長年パフォーマンスを上げて生き残る過程で、英語についてどのように対応していていたのか、心構えやテクニック等が書かれていて参考になった。


英語だけでなく、勤務先(同僚や上司)や取引先の外国人とどう接していたのか、ビジネスでどんなことに気をつけていたのか、そんなことも興味深かった。

 

筆者が特に強調していたのは、以下の3点だった。


1 海外での成功の秘訣は英語力ではなくコミュニケーション力である


2 英語は意思を伝えるためのツールでしかない


3 海外のやり方や考え方に順応し、日本人ならではの良いところをうまく融合させることが重要である


特に語学力そのものではなく、コミュニケーション力の重要性について繰り返し言及されているのが、印象に残った(3もその一部とも言えなくもなさそう。)。


*ちなみに元々は『脱・英語力神話』という電子書籍だったとのこと。確かにこちらの方がしっくりくるな・・・


なお、

筆者の語学勉強法については、ヒアリング力と単語力の強化から始めることが推奨されていた。今でも自分用の単語ノートを作っているというのは驚きだった。


p166

知っている単語量が増えれば、耳に入って頭に残る単語の量も増え、ヒアリング力も相乗的に向上していきます。そうすれば翻訳されて入ってきた情報ではなく、海外の生の情報に触れる機会も増えますので、自分にとっても入手できる情報量は格段に増えることに繋がるのです。

 

▪️本書にあった英語表現


・同僚や取引先に何かを依頼する時の表現

Could you  do me a favour?

I wonder  if you can help me.


(メールの場合)

We would be grateful if you could provide us...
It would be appreciated if you could provide us...

 

・依頼を受けた後、後日連絡する時の表現

I will get back to you as soon as possible
I will revert as soon as possible.

 

・不明点を明らかにする時の表現
For the sake of good order
Ex) For the sake of good order,the price does not include...

For the avoidance of doubt

I would like to take this opportunity...


・依頼を受けたことに対して前向きな返答をする時の表現

We are pleased to advise you...
We are happy to accept your proposal.

 

・全面的な賛成をする時の表現
I(fully) agree with you

 

・そこまで諸手を挙げて賛同していない場合の表現
We share your view.
It is acceptable to us.

 

・相手の言い分を尊重する言葉を添えた表現

We appreciate your view.However ,we have to say we do not agree with you.

 

・お礼の意を表す時

We appreciate your kind understanding.

 

・メールの終わりで「何卒よろしくお願い申し上げます』と伝える表現

Your cooperation is highly appriciated.
Thanks for your continued assistance

 

・案としては評価するが、自分にとっては通用しない、ことを伝える表現
It is good,but not for me.

It is not the best way to...

 

・あくまで自分の個人の考えであるということを伝えるための表現

It is my view.

 

・自分のできる範囲で精一杯するが、絶対にできるという確約はしない

I will do what. I can

 

・この自分が言っているのだから、理解しろという妥協を許さないような強い意志を伝える言い方

I‘m  telling you.

*I mean it という言い方もされる

 

・やむなく受け入れざるを得ない時に使う表現。

I take a view.

 

ビジネス英語力を強化するために折に触れて読み返したい一冊だ。

 

本物のビジネス英語力目次

第1章 基本的な心構え

第2章 実践に役立つテクニック

第3章 外国人は日系企業の体質をどう見ているのか

第4章 三つの効用

第5章 日本人として避けたい行動

第6章 コミュニケーション力向上に英語力は必要か

 

こちらも是非ご覧ください。:

www.hon-mode.com

 

 

Photo by Alexis Brown on Unsplash