40代ビジネスマンのBusiness Reminder

営業本を中心に、ビジネスマンに役立つ情報をご紹介してゆきます。



下剋上受験(桜井信一 )の感想と我が娘の中学受験

中学受験

 

子供の受験を考えて中学受験についての本を探す中で、たまたま目に止まったこの本、下克上受験(桜井信一)。以前阿部サダヲと深田恭子主演のテレビドラマをチラッと目にしたことはあったのだけど、こうして手にとってみると、感動的で素晴らしい本だった。思わず心が熱くなり、涙してしまった。



話としては、中卒のお父さんが自分達の人生の流れを変えると一念発起して、娘を中学受験女子の最高峰桜蔭学園に入れると決意し、1年半程の間に親子二人三脚で死に物狂いの受験勉強を行う、という実話に基づいたストーリーだ。

 

表紙のカバーに「勉強は、人を、家族を、ここまで変える」とあったが、本書を読むといわゆる受験勉強が持つ価値がよく分かる、というと言い過ぎか。学歴社会の崩壊と言われて久しいが、受験勉強自体の持つ意味は失われていないのだと再認識させられた。



なぜ娘の中学受験を決意したのかであたったり、”親塾“を選択し、日々どんな教材を使ってどんな勉強をさせたのかであったり、中卒として生きてきたが故の葛藤であったり(少々卑下しすぎではないかと思う節もあるが、、、まあこれが“下克上”というフレーズが響くようにする戦略でもあるのかもしれないけど)、娘への思いであったり、、、中学受験の意味であったり、



それぞれ人生経験豊かな人間だからこそかける面白みのある文章がまた非常に良かった。



それにしても、中卒と卑下されてはいるが、その研究熱心な様子は素晴らしいと思った。。我が家も受験生を抱えているが、爪の垢を煎じてのまなきゃなーと思わされた次第。

 

(蛇足)まさに昨日、我が子の塾のテストの結果が返ってきて、我が家も下克上をしていかなきゃ、なんていうタイミングでこれを書いている。今日は算数の出来が悪くて思わず怒ったりしてしまい反省。。。それにしても昔塾講師をやっていて、高校受験指導には自信を持っていたけど、中学受験の勉強を教えるのって難しいなー。

 

なにわともあれ、しばらくこの本がバイブルとなりそうだ。

*本文中に参考書なんかも結構出てきていて、著者同様ネットで入手しようと画策中。

 

【2020/01/25追記】

中学受験を間近に控えているためか最近こちらのページのアクセス数が伸びており、気になって再度本の受験直前の部分を読み返してみた。

 

何を隠そう我が娘もあと1週間程で中学入試本番を迎える(桜蔭のような超難関校を受けるわけではないのだが、受験直前で子供の学習が思い通り伸びていないという部分は同じだ。)。

 

そんなこんなで受験直前の今だからこそ、桜井信一さんの思いだとかがビンビンと響いた。子供の気持ちを考えつつ、親としてどう対応してゆくべきか、など様々考えさせられた。

 

*この周辺の記述を読むと本当に涙が出てきてしまうし、難関中学受験準備で親が心しておくべきことのヒントが書かれていて価値があると思う。


我が家は開始も遅れたこともあるけど、結局桜井さんほどの熱量で子供を導くことができなかったな、、、と後悔先に立たずではあるが少し反省。

 

何はともあれ残り少ない期間子供を信じて夫婦気持ちを強く持って頑張るしかないと改めて思っている今日この頃だ。

 

【2020/01/28追記】

ついに娘の中学受験本番が今週末に迫ってきました(ちなみに1月校は1勝1敗でした。)。

 

世の中的には中国での新型肺炎の話もあってかなり物騒だし、我が家的にはここに来て多少難しめの受験校を1つ追加したりと色々心落ち着かない日々ですが、泣いても笑ってもあと少しとなりました。

 

残念ながら桜井家のように「やり切った」とはならない感じですが、我が子なりには頑張ったということで。

 

親子でいい経験だったと言えるように最後まで頑張りたいと思います。

 

子供を待つ行きつけのコンビニにて記す。

 

【2020/2/1追記】

とうとう当日となりました(現在娘の試験が終わった13:22)。昨晩から夫婦ともども緊張で寝ることができず、朝引率した妻によると、子供も行きの電車の中で緊張のあまり社会の暗記ものを詰め込むことさえできなかったそうです。


それぐらい入試って緊張ものなのだと、改めて実感させられました。本気だからこそなのですよね。模試や1月校受験では味あわなかった感覚です。

 

実は本日午前中に受けた美術系の学校が娘の第一志望。2年前ぐらいから学校説明会にも足繁く通い、過去問もかなり遡って解いて、それなりの準備はしてきたつもりです。


テストの中身と答えが張り出されていたらしく、妻から送られてきたものを見たのですが、コレちょっと前にやったけどできたかな?パターン問題の演習は事前にやったはずだけどしっかり解けたかな・・・等々色々考えてしまう、といった状況です。


夜には結果が分かるそうです。あとはただ天命を待つのみですね。

 

実は本日はダブルヘッダーなので午後は別の学校(2科目)を受けるため、私も今から待ち合わせして引率してきます。


ベストを尽くしてもらうべく、応援してきたいと思います。


明日もテストだし、シンドイですね。

 

【2020/2/2追記】

昨晩一日校の合否が出ました。

 

あれだけ過去問をやってパターンを掴み、パターン的に全く同じ問題が出たので、解けるだろうと思っていたら全滅だった、みたいな本人の話もあり、正直難しいかな・・・という思いもあったので、かなりヤキモキしておりました。

 

これほどの状態は、自分の転職の時以来といった感じでした。


自分事に増して娘事なので一層ヤキモキさせられました。

 

 

結果は・・・


21:00過ぎに発表になった第一志望校は見事に合格でした。一方23:00過ぎに発表になった午後に受けた学校は残念ながら不合格となりました。

 

難易度はそれほどではないとはいえ、自分で決めた第一志望校に見事合格できたのは、本当に嬉しい事で、娘と夫婦で思わず抱き合って喜んだ次第です。


娘の安心した顔を見ることができて、親としてこれ以上の幸せは無い、と感じております。


私自身、学校から就職まで含めて第一志望にすんなり入ったことはないので、難関校といったものではないにせよ、非常に幸運だったなあと思っております。


久しぶりに夢のような時間が持てました。

 

何はともあれ、娘にはこれからの人生頑張ってもらいたいという思いと、これに勇気をもらい私自身も仕事でさらに上を目指して下剋上をやってゆきたいと、心を新たにすることができました。

 

かわって本日は、娘にとってはチャレンジになる学校です。


引率して先ほど試験会場に送り出してきまして、現在保護者控室でこれを書いています。


もう失うものもないので、こちらも下剋上(ジャイアントキリング)的に頑張ってもらえたら、と期待してこれを書いています。


もちろん良いことばかりは続かないとは思いますが、これまでの受験の集大成として、全力を尽くしてもらえたらと考えております。

 

 

 

下剋上受験

【主な目次】 序章 絶望と猛追

第一章 こんな場所にいてはいけない

第二章 中学受験というギャンブル

第三章 異常な水準の世界

第四章 本当の馬鹿を理解して欲しい

第五章 父さんは人柱になる

第六章 受験前夜

第七章 「最難関」の本当の意味

 

次はこちらもどうぞ:

www.hon-mode.com