40代サラリーマンのBusiness Reminder

ビジネスマンの, ビジネスマンによる, ビジネスマンのための備忘ブックレビューが中心

本を遊ぶ 小飼 弾 感想

ホリエモンが作った会社、オンザエッジの技術責任者として、また書評ブロガーとしても一世を風靡した小飼 弾さんの本、本を遊ぶを読んでみた。サブタイトルは働くほど負ける時代の読書術。


全体を通じて、本を読むことで、いかに頭を鍛えて、新しい時代に通用する自分を作るか、その方法が説かれている。


博覧強記の大天才小飼さん読書論はかなり参考になった。


・本に実利を求めすぎるな

*特にどの本が今後自分に役に立つかは、その時点では誰にも分からないはずであり、ある程度幅広いジャンルを読むべき、という指摘が心に響いた


・本を読めば自分が読める


・本は批判的に読む


・本の面白さの見分け方


・伝記こそ真の自己啓発本である


等々、どうやって本を読んでいくか、どんな本を読めばいいのか、先逹のアドバイスが満載だった。


本日の一文:P243

大切なのは、自分で自分の脳みそを耕す習慣を身につけるということです。


本を活用しながら自分の脳を鍛える。ロボットやAIの活用が本格化する時代にどうやって自分を作ってゆくか、まだまだ修練が必要だなーと改めて思わされた。それにしてもベーシックインカムの話でよく出てくるような「働くほど負ける時代」が私の生きている間に到来するのだろうか。その時人間は何をやっているのだろうか。この本をきっかけに今後考えてみたいと思った次第。


折に触れて読み返したい一冊だ。

 

本を遊ぶ 働くほど負ける時代の読書術 (朝日文庫)

 

●本を遊ぶ目次

1.読書で新しい自分はつくれる

2.変化の時代何をどう読むか

3.批判的読書で頭を鍛える

4.「偏見」を買われる人材になろう

5.アウトプットで本を血肉にする

6.本当の教養は人生を豊かにする