営業本マニアックス

営業本を中心に、ビジネスパーソンが読んで役立つ”営業”情報をご紹介してゆきます。

「まじアポ」を確実に!90秒テレアポ営業術を読んでみた感想

f:id:biz_rim:20211020223255j:plain

ゆるアポ、かすアポではなくまじアポを取ろう

営業で使えるテレアポ本ランキング ベスト18冊中の一冊。

 

テレアポの女王として有名な吉野真由美さんの本。まじアポ」を確実に!90秒テレアポ営業術ダイヤモンド社)を読んでみた。



吉野さんは同志社大学経済学部を卒業し、生命保険やコンピューターの営業職を経て有名な幼児英語教材の開発販売会社でトップセールスになるなどした後、テレアポの分野で独立された方。

 

本書はテレアポの書物としては非常に人気。黄色い表紙のこの本を見かけた方も多いはずだ。



本書の価値は以下のようなところにあると考える。



・まじアポを取るための方法が具体的に書かれている

例えば18名以上の会社に電話するべき、というような記述がある



・テレアポの良い例悪い例が対照的に取り上げられており、トークスクリプト作りの参考になる



・長年テレアポに携わってきた筆者によって、今の時代にあったテレアポ手法が説かれている



・できるだけテレアポを科学的に行うための方法論がある。特に記録を取ることの大切さが説かれている



・読むとテレアポの価値とは何かが良く分かる

 

・テレアポに100%ということはないけど、かなり具体的な成功方程式方程式が書かれている



今回呼んでみて以下のような部分にチェックを付けた。一部を抜粋してみる

 

P 18 テレアポは”善”

 

P 38  テレ アポとは商品やサービスを買う見込みのある人に対してきちんと時間を指定し相手に期待感をもっていただいた状態でアポを取り、訪問すれば次回に繋がる建設的な商談をしてこられる、そんなアポを取ること

 

P 46 (法人営業では)上から攻める

 

P 63 テレアポをする場合にはある程度以上の規模で社員教育が行き届いている上質な会社に電話をかけ、きちんと対応してもらう、これが重要です

 

P 68から69

テレアポが成功する二つの条件

1.電話をかける企業リストの選定が正しい

2.テレアポのトークスクリプトが十分な出来である

 

P68 うまくいく場合もそうでない場合もどんなプロセスでそうなったのかを明確に記録し後に残しておく必要がある

 

P 113 絶対に1回断られただけでその電話を終わりにしてはいけない

 

他にもたくさん引用死体部分があった。

テレアポ頑張りたい人には掛け値なくお薦めできる一冊だ。

 

 

「まじアポ」を確実に!90秒テレアポ営業術目次

第1章 テレアポは“善”である
第2章 法人営業の2つの落とし穴&攻略法!
第3章 90秒で即アポが取れる!最新スキル
第4章 「まじアポ」が取れる!トークスクリプトの作り方
第5章 個人へのアポ取りで圧倒的に成功する方法

 

次はこちらもどうぞ

できる人に学ぶテレアポの極意 竹野恵介 感想 - 営業本マニアックス

 

更新情報はTwitterにてお知らせしております。