40代サラリーマンのBusiness Reminder

ビジネスマンの, ビジネスマンによる, ビジネスマンのための備忘ブックレビューが中心



2020年の手帳はダイソーのよりコンパクトサイズのものに

年初恒例の手帳交代エントリー。令和最初の投稿です。 さて、今年も昨年とまったく同じダイソー手帳を踏襲しようと思ったのですが、年明けダイソー2箇所に行ったところ、既に昨年と同じモデルは無く、見つかったのはもっとコンパクトサイズのこちらのみ。 悩…

のび太でも売れます。感想

以前から書名や装丁など気になっていた本のび太でも売れます。。 副題はトップセールスが明かす世界一ゆるい営業術。 NTTドコモのトップセールスと言う筆者酒井晃士さんの語るいまどきの営業論だ。 酒井さんは世界No.2の営業レディーとして有名な和田裕美さ…

ぐるなび 「No.1サイト」への道 滝 久雄 感想

*過去記事の転載です。 年末年始、家族の寝静まったところを見計らって、この本を読んでみました。 ぐるなび 「No.1サイト」への道 滝 久雄著 手に取ったきっかけは、時事通信の湯川さんのブログで、いい本として取り上げていたことでした。 「ぐるなび」(…

「資料送っておいて」と言われたらチャンスと思え!感想

大塚 寿さんの本「資料送っておいて」と言われたらチャンスと思え!を手にとってみた。副題は新規開拓営業が楽になる45のコツ。 新規開拓の法人営業のテレアポなどで「資料送っといて」と言われたらどう対応すればいいのか、本書にはそのヒントが書かれてお…

村西とおるの営業術を学べ 禁断の説得術 応酬話法

書店の新書コーナーで手に取ったこの本、村西とおる 禁断の説得術応酬話法(副題は-「ノー」と言わせないテクニック)。 // 一言で言うと大変興味深く読めた。営業本としても秀逸だった。 村西とおると聞くと特に男性はにやにやしてくる人も多いのでは? 村…

100円ノート「超」メモ術 中公竹義 感想

ノートの有効活用ということをずーっとテーマとしてここ数年過ごしてきていて、前々からマークしていた一冊がこれ。中公竹義さんという方が書かれた100円ノート「超」メモ術という本。メルカリで登録しておいたけど、なかなか安くならなかったのだが、ある時…

本を遊ぶ 小飼 弾 感想

ホリエモンが作った会社、オンザエッジの技術責任者として、また書評ブロガーとしても一世を風靡した小飼 弾さんの本、本を遊ぶを読んでみた。サブタイトルは働くほど負ける時代の読書術。 全体を通じて、本を読むことで、いかに頭を鍛えて、新しい時代に通…

M&A エグジットで連続起業家になる 感想

いつもサイトを拝見しているサイトレードというウェブサービスM&Aサービスを運営する和気 智也さんの本、M&Aエグジットで連続起業家になる、を読んでみた。 私は、ウェブメディアやウェブサービスづくりに興味があり、ウェブサイトをM&Aするというコンセプ…

成功はゴミ箱の中に レイ・ロック自伝 感想

ちょっと時間がかかりましたが、成功はゴミ箱の中に レイ・ロック自伝(プレジデント社)を読みました。 成功はゴミ箱の中に レイ・クロック自伝―世界一、億万長者を生んだ男 マクドナルド創業者 (PRESIDENT BOOKS) 読後感としては、巷にある成功者の本とそん…

インテリジェンス 武器なき戦争 手嶋龍一 佐藤優 感想

以前雑誌で、その寄稿文を読んで、その深さに驚いた、外務省のノンキャリア官僚の佐藤 優さんとジャーナリストの手嶋さんという方が書いた本。 インテリジェンス 武器なき戦争 (幻冬舎新書) 佐藤さんは、外務省が鈴木宗男の事件でがやがやしていた頃に、鈴木…