営業本マニアックス

営業本を中心に、ビジネスマンに役立つ情報をご紹介してゆきます。

自動車営業本おすすめはこれだ!

自動車ディーラー

 

意外と少ない自動車の営業マンが書いた営業本。そんな希少な営業本の中からおすすめを紹介する。

 

自動車を購入する際の営業マンからの営業を受けたことはあるだろうか。やはり、会社によっても、店舗によっても様々。

 

そのエッセンスを学ぶことで、他の営業形態にも活かすことができると思う。

 

自分の受けた影響と比較して読んで見ると面白いかもしれない。

 

 

私に売れないモノはない! ジョー・ジラード+スタンリー・H・ブラウン

副題は世界No.1セールスマンが明かす「必ず売れる」セールステクニック。イタリア系移民としての幼少期の恵まれない境遇から立ち上がり、いかに自動車販売ギネスNO.1に長く君臨するようなスーパー営業マンになったのか、なかなか興味深い一冊。

 

あらゆる知恵を使って見込み客を作り続ける販売システムにも学ぶところが多い。そして何よりもとどめなく売ろうとする意欲には感嘆する。

 

www.hon-mode.com

 

強豪セールスの秘密 奥城良治

副題は日産16年連続トップの極意はこれだ。日産販売で16年連続トップをとった奥城良治さんの営業本。猛烈な営業手法だけではなく、いかに自己を高めてお客さんに与える存在になるか、など、営業マンが持つべき心持ちなども強く学べる本。上のジョー・ジラードと同じく強烈な願望を持つことの重要性も語られていて印象深い。

 

www.hon-mode.com

 

世界一クルマを売る男が教える!凄い営業 井上壮樹

東京トヨペット出身で生涯自動車販売実績7000台を目指すレベルであったという井上壮樹さんの営業本。その営業は、当たり前のことを忠実に実行してきたことで達成されたのだという。当たり前のことを当たり前に実施することの大切さが書かれているが、読み進めいくととその難しさ分かってくる。「トップ営業マンは、イヤなこと、大変なこと、つらいこと、小さいことをきれいにこなす」といった話が身にしみる。



 

 

会いたい人に会いにいきなさい 林文子

副題はあなたの人生が変わる「出会い」の活かし方。横浜市在住の人間としては、林市長と呼ぶのがしっくりくる林文子さん。

 

この人の本質はやはりお客さんとの関係構築力なんだろうと思う。ホンダから始まり、外資系の自動車会社の日本法人の幹部を渡り歩き、横浜市長まで上り詰めた凄腕の人の人間力の高め方が語られた同書は若者ではなくても参考にできそう。私は既に40歳を過ぎたが、会いたい人に会いにいけというアドバイスが改めて心に響いた次第。



www.hon-mode.com

2750台のクルマを売った伝説の男

タイトル通り、2750台ものクルマを売ったホンダのディーラーのトップセールスマンだった鷲津光郎さんが語る、カーセールスの方法論。

 営業経験なし、転職8回(先生・自衛隊・バス運転手・・・等々を経験)、38歳からのスタートであった無口で口ベタな男が、技術職から営業に移りいかに台数を積み上げたのか、その秘に迫るエピソードが多く掲載せれている。朝時間の有効性の話やバイクを使っての移動時間の短縮の話、チラシの有効な配布方法なども興味深い。まずはできるだけ多くの人に合うこと、といった金言も満載で役に立ちそう。かなり昔の本ではあるが、取り入れられる部分は多そうだ。

 

クルマを売りたいなら、クルマの話はやめなさい! 高塚苑美

この本はタイトル勝ちだと思う。ちなみに副題は成約率8割超トップセールスウーマンの営業スタイル。昔から気になっていて思わず手にとってしまった。

こちらの高塚さんの営業手法も、お客さまにいかに信頼してもらうか、という部分に力点が置かれている。お客さまがセールスマンに求めているものは、商品知識ではなく、共感であるとし、巷の営業マンの真似をすることをせず、独自の手法を確立したのだという。女性ならでは、という部分はあるだろうが、参考になる箇所が多い。

 


次はこちらもどうぞ

www.hon-mode.com

 

Twitterでも継続的に情報発信中。是非フォローをお願いします!