営業本マニアックス

営業本を中心に、ビジネスマンに役立つ情報をご紹介してゆきます。

営業力につながる教養

営業力強化につながる教養を身につけるためのコンテンツです。

マーケティングに使える心理学テクニックについて

皆様、マーケティングを行う上で「心理学」が有効なのはご存じですか? そのなかで、オールジャンルで使えそうなものをピックアップしていこうと思います。 1.返報性の原理 2.コンコルド効果 3.カリギュラ効果 4.ザイオンス効果 5.アフォーダンス理論 1.返報…

デジタルマーケティングでおさえておきたいYouTube動画まとめ

// 最近またデジタルマーケティングの現場に戻ってきたこともあり、YouTubeでデジタルマーケティング関連動画を見るようにしている。 やはり昔と比べてかなり充実してきたなあという印象。昔は本当に質の高い情報はウェブには出ないというようなことを言う人…

禁断のマーケティング!カリギュラ効果を知る。

マーケティングに使える心理学には、案外たくさんの物が存在します。「人に物を買わせる」もしくは「欲しいと思わせる」ことがマーケティングの基本なのですから、その結果を大きく作用する要素に心理学があるのは自然なことですよね。 今回はそんな中から、…

ぐるなび 「No.1サイト」への道 滝 久雄 感想

*過去記事の転載です。 年末年始、家族の寝静まったところを見計らって、この本を読んでみました。 ぐるなび 「No.1サイト」への道 滝 久雄著 手に取ったきっかけは、時事通信の湯川さんのブログで、いい本として取り上げていたことでした。 「ぐるなび」(…

100円ノート「超」メモ術 中公竹義 感想

ノートの有効活用ということをずーっとテーマとしてここ数年過ごしてきていて、前々からマークしていた一冊がこれ。中公竹義さんという方が書かれた100円ノート「超」メモ術という本。メルカリで登録しておいたけど、なかなか安くならなかったのだが、ある時…

インテリジェンス 武器なき戦争 手嶋龍一 佐藤優 感想

以前雑誌で、その寄稿文を読んで、その深さに驚いた、外務省のノンキャリア官僚の佐藤 優さんとジャーナリストの手嶋龍一さんという方が書いた本。 インテリジェンス 武器なき戦争 (幻冬舎新書) 佐藤さんは、外務省が鈴木宗男の事件でがやがやしていた頃に、…

川上哲治 「遺言」 感想

9連覇を達成した巨人軍の監督をつとめていた川上哲治さんの著書「遺言」を読んでみました。 遺言 (文春文庫) ある新聞の読書案内の記事広告で、伊藤忠商事会長の丹羽宇一郎さんが、現楽天監督の野村さんの著書「巨人軍論」と一緒に、おすすめの本としてあげ…

エスキモーに氷を売る 感想

// エスキモーに氷を売る 感想 かなり昔に少々話題になっていたこの本、エスキモーに氷を売る(副題:魅力のない商品を、いかにセールスするか) ジョン・スポールストラ著、を実家の書棚に見つけて、少しづつ読んでみた。以前から刺激的なタイトルだなーと…

朝晩30分 好きなことで起業する 感想

熱中が鍵 朝晩30分 好きなことで起業する 新井一 著を読んでみた。 それが小さいことであっても、事業を起こすというのはそんな簡単なものではないと思うけど、自分の力で生きていくのは魅力的であり、私もいつかは、と思っている次第である。 もしかしたら…

プレゼンは「目線」で決まる 西脇 資晢著 感想

// また思わずタイトル買いしちゃいました。マイクロソフトの執行役員でエバンジェリストをされている西脇 資晢さんの本、プレゼンは「目線」で決まるを読んでみました。副題はNo.1プレゼン講師の 人を動かす全77メソッドとありました。 それにしてもどんど…

山口周 世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか 感想

山口周さんの世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのかを手に取ってみた。副題は経営におけるアートとサイエンス。 ずっとメル活で値段が安くなるのを追いかけていたのだが、全然値段が下がらず、しびれを切らして少し高い価格で買ってしまったのだが、十…

コンサル本 修行におすすめはこれ!

// コンサル本おすすめ紹介 コンサル本おすすめ紹介 1.コンサルティングとは何か 堀紘一 2.選ばれるプロフェッショナル クライアントが本当に求めていることジャグディッシュ・N・シース/アンドリュー・ソーベル 3.イシューからはじめよ 知的生産のシンプ…

有名企業家の創業ストーリー3選

私がよく読み返すあの有名企業家の創業ストーリーまとめ 仕事でちょっと行き詰まった時や少々気落ちした時などに、本を読んで励まされることは多い。よく読み返す、あの有名企業の創業ストーリー本をまとめてみる。私のウォルマート商法 サム・ウォルトン 私…

「運は創るもの 私の履歴書」 ニトリ社長 似鳥昭雄さんの自伝を読んだ

運は創るもの 私の履歴書 感想 今回ご紹介したいのはニトリホールディングス代表取締役社長 似鳥昭雄さんの著書「運は創るもの 私の履歴書」です。ニトリは全国各地に展開している家具・インテリア用品販売店で、国内386店舗の他、海外でも24店舗展開をして…

打たれ強くなるための読書術 感想

打たれ強くなるための読書術 東郷雄二 を読んでみた タイトルにやられて思わず手にしていまいました。 打たれ強くなるための読書術 (ちくま新書 705) 東郷 雄二 おすすめ平均 読書する目的を見つめなおしたい人にお勧め つっこみながら読め 自分で問題を見つ…

情報は1冊のノートにまとめなさい 感想

情報は1冊のノートにまとめなさいを改めて読んでみた 最近当ブログは“ビジネス ノート”という2ワードでよくキーワード検索されている。 また、最近仕事の環境に関係して、時間や空間の制約があり、ノートの力を借りてその時間や空間の制約から少しでも自由に…

編集者という病い 見城 徹著を読んでみた

以前から気になっていた本、編集者という病い 見城 徹著を読んでみた。 編集者という病い (集英社文庫) posted with ヨメレバ 見城 徹 集英社 2009-03-19 Amazon Kindle 幻冬舎というと、いきなりポッと出てきた、宣伝をバシバシやって、郷ひろみの『ダディ…

紙1枚で身につく-外資系コンサルのロジカルシンキング 感想

紙1枚で身につく-外資系コンサルのロジカルシンキングを読んでみた。 本日は大石哲之さんが執筆された【紙1枚で身につく-外資系コンサルのロジカルシンキング】をご紹介差し上げます。この書籍はマッキンゼー等の外資系コンサルの「論理的思考」を、図解見本…

「R25」のつくりかた 再読感想

「R25」のつくりかた 藤井大輔を読み返してみた。 ちょっと新しいサービスを考える必要が出てきたこともあり、昔読んだ新規事業立ち上げ関連の本を読み返してみようと思っている。 今日手にとってみたのは、藤井大輔さんの「R25」のつくりかた。 昔一世を風…

私の財産告白 本多静六 感想

私の財産告白 本多静六 を読んでみた。 資産形成を考える際にぜひ読むべきとよく名著として取り上げられる本多静六さんの本、私の財産告白を読んでみた。 著者の本多静六さんは苦学して、東大の農学系の教授となり、林野系の公共政策でも力を尽くした人らし…

情報の洪水に溺れない極意 情報は集めるな!指南役著 を読む

情報は集めるな! 感想 先日書店で手に取った一冊「情報の洪水に溺れない極意 情報は集めるな!指南役著」を読んでみた。指南役ってなんだ?!と思ったけど、「透明人間の買い物」という結構有名な本とかも出しているホイチョイ・プロダクションズなどとも関…

35歳までに必ずやるべきこと-運をつかむ人になれ 重茂 達を読んでみた感想

// 35歳までに必ずやるべきことを読んでみた 近頃、アデコキャリアスタッフの社長だった重茂 達さんの「35歳までに必ずやるべきこと-運をつかむ人になれ」という本を読みました。 内容は書名の通り、重茂さんがご自身の経験から、ビジネスマンとして身につけ…

はじめての課長の教科書 酒井 穣著を読む  課長職とは?に答えてくれる本

はじめての課長の教科書 感想 アルファブロガー小飼 弾さんが先日のプレジデントをはじめいろんなところで紹介していた本、はじめての課長の教科書を読んでみました。 アマゾンなんかでは、「影響力あるブログにて絶賛されていて、当初は「パブリシティ」的…

ランチェスター経営の本 小さな会社☆儲けのルール 感想

小さな会社☆儲けのルール ランチェスター経営7つの成功戦略 竹田陽一 栢野克己著 フォレスト出版 いつも刺激的なメールマガジン(バカ社長の独立起業&販促成功事例100連発!)を読ませてもらっている経営コンサルタントの栢野(カヤノ)さんとその師匠の竹田…

ハゲタカがなかなか良かった件

今日はこれから外出をしようと思っているのですが、 東京は雲行きがあやしくて、せっかくの休日なのに・・・。 という感じですね。 自宅から目的地の平和島まで、マウンテンバイクで、春の風と日差しを浴びながら、などと考えていたのですが、 電車で行くこ…

本を選ぶ方法、何か実践していることはありますか?

本を意識的に選んで読まれていますか? みなさんどうなんでしょう。 今日は早く仕事を終わらせ、たまに行く五反田のブックオフにふらっと立ち寄ってきました。 一時間半ほどいましたが、とうとう読みたい本にいきあたりませんでした。 きびしいー。 やはり、…

「最強の働き方」ムーギー・キム 感想

「最強の働き方」ムーギー・キムを読んでみた 本日はムーギー・キムさんが執筆された「最強の働き方」をご紹介いたします。ムーギー・キムさんは慶応義塾大学総合政策学部を卒業された後に、INSEADにてMBAを取得され、外資系金融機関の投資銀行部門にて、日…

巨大人脈SNSのチカラ 原田和秀著 朝日新書 感想

巨大人脈SNSのチカラを読んでみた 巨大人脈SNSのチカラ原田和秀著という本を読んでみました。 名前の通り、SNSの効用を説いた本です。 今年の2月ぐらいに出た、比較的新しい本のようです。 原田 和英 巨大人脈SNSのチカラ ちょっと前に新聞に、あるやり手ネ…

指一本の執念が勝負を決める 冨山和彦著を読む 薄氷を踏むような状況に耐えられる心を作る

指一本の執念が勝負を決めるを読んでみた 会社の合宿に向かう行きの電車の中でこの本を再読してみた。 指一本の執念が勝負を決める 冨山和彦著 指一本の執念が勝負を決める 冨山 和彦おすすめ平均 失敗をしてないのは勝負をしていないことの証 ガチンコ型プ…

第9回WOMマーケティング研究会に参加してきました。

昨日、第9回WOMマーケティング研究会に参加させてもらいました。 忘れないうちにその感想を書いておこうと思います。 ホームページから抜粋させてもらうと、この会は「WOMマーケティング業界の健全なる育成と啓発を ミッションとする」WOMマーケティング協議…